横浜の中小企業診断士 鵜澤周矢ブログ

仕事や日々の出来事をつれづれと書いてます。

平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金の1次公募が開始

本日(2/13)平成26年度補正の「ものづくり・商業・サービス革新補助金」が公募開始となりました。

中小企業庁

平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金の公募を開始します

全国中小企業団体中央会

平成26年度補正「ものづくり・商業・サービス革新補助金」の1次公募について

 

既に各都道府県の地域事務局で、募集要項と申請書様式がダウンロードできるようになっています。

昨年は1次公募の締め切りが2回に分かれていましたが、今回は複数ではなく5月8日の締め切りのみのようです。締切が長くなった分、計画書の方もじっくり時間をかけて作り込むことができそうです。

なお、2次公募があるかどうかはまだ不明ですね。

 

革新的サービス分野では、先日経産省から公表された「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」に基づいた計画が求められる点。

ものづくり分野では、特定ものづくり技術に新たな「デザイン開発に係る技術」が追加された点など、昨年からの変更点も見られます。

 

まだ募集は始まったばかりですので、これらの指針をしっかり理解し、実効性のある計画を作りたいですね。

過去の記事ですが、補助金採択後の留意点なども当ブログで解説しています、こちらもご参考まで。

補助金で本当に大変なのは、実は採択された後という話。

 

「手続きのめんどくささ」を理解したうえで、補助金を上手く使うやり方。

新年度

しばらく更新が滞りましたがぼちぼち再開して行きたいと思います。

とりあえず、新年あけましておめでとうございます。

 

新年と言えば気になるのは新年度の国の予算。

例年だと12月くらいに次の年の予算案が公表されるのですが、今年は年末に選挙があった関係か、1月に入っても各省庁の予算案がでてきません。

ニュース等によると本日1月9日に26年度補正予算の閣議決定がされるそうなので、その後に情報が出る可能性がありますね。

 

それまでは何か情報は無いのか?と思い調べてみたところ

内閣府のHPで「地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策」として平成26年12月27日時点の資料が公表されていました。

経済対策等 : 経済財政政策 - 内閣府

おそらく現時点では一番新しい情報かと思います。

 

内容を見ると、中小企業・小規模事業者向け支援も具体的な事業名が出ていますね。

f:id:smec_uzawa:20150109113338j:plain

内閣府HP 地方への好循環拡大に向けた緊急経済対策(平成26年12月27日閣議決定)P7より抜粋

 

いくつかの事業については具体的な内容が施策例に出ていますので、いち早く情報を仕入れたい方は目を通しておくのが吉かと。

 

それからこちらは締切が本日の17時までですが、1/15に霞が関経産省本館で行われる中小企業経営支援分科会の傍聴が申し込めます。

中小企業政策審議会第2回中小企業経営支援分科会-開催通知(METI/経済産業省)

私は残念ながら日程が合わず申し込めませんが(この手の傍聴会は公表されるのが直前すぎる・・・)

こちらも直接情報を仕入れたい方は参加してみてはいかがでしょう。

 

 (1/9 20時追記)

閣議決定を受けて追加の資料が出てきました。

中小企業庁:平成26年度補正予算関連事業

ものづくり・サービス補助金、小規模事業者持続化補助金、創業補助金事業再生関連予算などは予算の増減があったものの基本的には来年も継続のようです。

一方で商店街向けの補助金(にぎわい・まちづくり)はこれを見る限り姿を消していますね。他の事業で合せて支援するのか、他省庁の予算で支援されるのか、はたまた完全に縮小されてしまったのか。

いずれにしても、もう少し詳細な情報を待つことになりそうです。

広告を非表示にする

今年度の補助金もそろそろ終わり

9月末になり、25年度補正の補助金も続々と最終の採択結果発表がでてきました。

 

【創業補助金

ちょっと古いですが8月29日に最終発表がありました。

中小機構:平成25年度補正予算 創業補助金(創業促進補助金) 最終審査分(6月30日締切)採択結果

 

ちなみに創業補助金は来年度(27年度)予算の概算要求で早くも予算が計上されています。

経済産業省:平成27年度 中小企業関係概算要求等の概要

f:id:smec_uzawa:20140929230205j:plain

あくまでも概算要求ですので、正式に予算が決定するまではどうなるかわかりません。(基本的に正式予算は概算要求よりも削減されます)

 

 

【にぎわい補助金まちづくり補助金・地域商店街活性化事業(商店街向け補助金)】

・にぎわい補助金(ソフト事業の補助)

全振連ポータルサイト-商店街にぎわいPLAZA:地域商店街活性化事業(平成26年8月15日締切分)の公募結果について

まちづくり補助金(ハード事業の補助)

全振連ポータルサイト-商店街にぎわいPLAZA:平成25年度補正商店街まちづくり事業(補助金)の通常募集の補助事業者公募結果

 

上記2つの25年度補正予算事業は終了しましたが、26年度本予算の地域商業自立促進事業は募集を継続中です。詳細は下記リンクにて。

平成26年度地域商業自立促進事業第2次募集を行います | 商業・中心市街地活性化 | 施策のご案内 | 関東経済産業局

 

この地域商業自立促進事業も概算要求で予算が計上されています。 

f:id:smec_uzawa:20140929234742j:plain

2年続けての予算計上ですが、予算額の規模は縮小してます。

 

 

【新ものづくり補助金

中小企業庁:平成25年度補正 中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業2次公募の補助事業者を採択しました

全国での応募件数14,502件、採択4,818件、採択率は33.2%でした。

 

神奈川の採択は神奈川県中央会のサイトで確認できます。

平成25年度補正「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業」の2次公募採択結果等について

採択された方は交付申請の説明会がありますので、忘れずに参加しましょう!

 

何度もこのブログで書いてますが、補助金の手続きは採択されてからの方が大変です。せっかく採択された補助金です、しっかり準備して事業を最後までやりとげましょう。

  

過去の関連記事も参照してみてください。

 

補助金で本当に大変なのは、実は採択された後という話。

 
「手続きのめんどくささ」を理解したうえで、補助金を上手く使うやり方。

目立たない方の新ものづくり補助金(取引環境改善型)の第3次締切分結果が発表されました。

このブログでも何度か取り上げている「取引環境改善型需要開拓支援事業(中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業)」

本日、第3次締切分の採択結果が発表されました。

http://www.torihiki-kaizen.jp/adopted3rd.html

f:id:smec_uzawa:20140731181308j:plain

今回の採択数は13件!

前回の2次締切は5月14日でしたので、5月15日~6月20日までの約1ヶ月でこの認定数ということですね。ここにきてようやく知名度が上がってきた感じでしょうか?

 

この補助金、売上減少が申し込み条件になっている分、誰でも申し込める補助金よりも競争のハードルは低いはず、ということを以前の記事でも書きました。

にも関わらず、これまで全国で数えるほどしか採択が無いというのは、知名度が低すぎて応募する人が少ないのでは、と考えてしまいます。

 

補助金の使い勝手としては、通常の新ものづくり補助金の一般型と同じ1000万円まで補助され、使い道も試作開発・設備投資・市場調査・販路開拓と幅広いです。

明らかに有利な補助金なんですが、あまりにも採択数が少ないのがもったいない!

現在はまだ申請受付中ですが、どうやら8月中には締め切ってしまうような話も聞いています。申請を検討される方はお早めに!

7月13日はいろいろイベントに顔を出します

今週末の7月13日(日)、私のかかわっているイベントが開かれますのでご紹介。

 

■第5回 中小企業診断士ビブリオバトル(テーマ:まちづくりに関する本)

中小企業診断士の有志が集まって定期開催しているイベントです。早いものでもう5回目!

診断士の目線で選んだおすすめの本をゆるーく紹介します、ビールを飲みながらゆっくり観戦できます。本を紹介するバトラーが既に飲酒しているケースも!?

もちろん診断士以外の方も観戦・参戦可。当日飛び入りもOK!

 

第3回の開催ではNHK朝のニュース番組「おはよう日本」の取材も入りました!

f:id:smec_uzawa:20140524025412j:plain

 

場所は横浜は関内のマルチエンタメライブ食堂「ThreeS(スリーエス)」さん。

時間は14:30~17:00です。詳細や参加申し込みはお店のサイトをご参照ください。

http://r.goope.jp/three-s/calendar/663721

 

ビブリオバトルについては、おなじみ有隣堂Webの紹介動画で↓

 

 

 ■一般社団法人神奈川県診断協会登録グループ つぎ夢経営研究会(7月定例会)

私が所属している中小企業診断士の研究会です。こちらは診断士や受験生向けのイベント。

実は今回、私が前で話をすることになりました。テーマは独立診断士の奮闘記ということで、独立診断士としてのストーリーをいろいろと語らされるらしいです。どうなる自分!?

 

場所は横浜駅西口近くのかながわ県民センター 時間は17:30~20:00頃までです。(終了後懇親会あり)

http://tsugiyume.web.fc2.com/

 

 

ご興味のある方はぜひご参加ください。

新ものづくり補助金 1次公募2次締切(5/14締切)分の採択結果が公表! 一方そのころもう一つの補助金は・・・

新ものづくり補助金 1次公募2次締切(5月14日締切)分の採択結果が公表されました。

 

中小企業庁HP 新ものづくり補助金1次公募2次締切 採択結果の公表 

f:id:smec_uzawa:20140627184039j:plain

 

 

1次公募2次締切分は3月15日から5月14日までの公募期間で、全国の採択件数/応募件数は6,697/15,019件でした。割合にすると約4割強(44.6%)ということで、先に行われた1次公募1次締切分の採択率(39.4%)よりも5ポイント高くなる結果に。

1次締切の採択件数は2,916件でしたので、2次締切での採択6,697件と合計すると、これで9,613件の事業者が採択されたことになります。

ちなみに昨年度ものづくり補助金の全国採択実績は

 ・1次募集1次締切742件

 ・1次募集2次締切4,162件

 ・2次募集5,612件

合計10,966件の採択ですので、既に昨年度の採択数に迫る勢いです。

この後行われるであろう2次公募の件数が加われば、昨年度の実績を大きく上回ることが予想できます。予算規模が拡大した結果が、採択実績にも顕著に表れそうです。

 

今回みごと採択された方は、この後の交付申請の手続きに進むことになります。採択は計画の内容が問われる審査手続きでしたが、交付申請は補助金の対象となる経費を決定する重要な手続きです。

補助金の財源は税金ですので、受け取るためのルールには厳格な要件が設けられています。せっかく採択された計画ですので、ルール違反で補助金受け取り不可とならないよう、今後の手続きをしっかり把握して補助事業に取り組みたいですね。

 

なお、神奈川県の事務局では7月17日(木)と7月29日(火)に採択者向け説明会が開かれます。

 

神奈川県中小企業団体中央会のHP

f:id:smec_uzawa:20140627191015j:plain

 

 

 

なお、この新ものづくり補助金のほか、以前にブログでも紹介した「取引環境改善型の新ものづくり補助金」も募集を継続しています。

こちらも2次締切分(3/14~5/16期間)の採択結果が6月13日に公表されましたが、新ものづくり補助金とほぼ同等の期間募集して、採択件数がわずか3件という結果。

f:id:smec_uzawa:20140627192112j:plain

 

補助額は最大で1000万円ですので、新ものづくり補助金の一般型と同じです。それにしても採択数があまりにも少ないですね・・・

こちらの補助金は現在も募集が続いており、予算に達するまで随時募集となっています。取引先の縮小で売上が下がる企業を対象にした補助金ですので、守りから攻めに転じたい企業にとっては活用できる制度です。

応募方法などは下記のリンク先で確認ください。

 

平成25年度補正予算中小企業・小規模事業者ものづくり・ 商業・サービス革新事業 (取引環境改善型需要開拓支援事業)のご案内

 

ちゃんと予算消化されるのか疑問ですが、ある意味早い者勝ちな補助金ですので、活用したい方は早めに取り組むことをお勧めします!

第4回中小企業診断士的ビブリオバトルのお知らせ

定期開催している中小企業診断士によるビブリオバトルイベントの告知です。

次回は5月25日(日)15:00より、関内のThreeS(スリーエス)というお店で行います。

詳細や参加申し込みはお店のサイトを参照。当日飛び入りもOK!

http://r.goope.jp/three-s/calendar/633812

 

ビブリオバトルについては、有隣堂Webの紹介動画で簡単にわかります↓

 

 4月の開催では、なんとNHK朝のニュース番組「おはよう日本」の取材があり、4月9日の放送でビブリオバトルの様子が放映されました!

f:id:smec_uzawa:20140524025412j:plain

 

中小企業診断士らしく、経営に関するテーマを決めて、各自がお勧めの本を紹介し合うイベントです。前回のテーマは「お金に関する本」でした。

 

ちなみに私が紹介したのは中元文徳著「豆大福分析―だれもがハマる「損得勘定の落し穴」のカラクリ」という本。

f:id:smec_uzawa:20140524030017j:plain

毎日売り切れる人気の豆大福を作っているお店が、うっかり豆大福を落としてしまったら、いったいいくらの損をしたのでしょう?という問いかけから始まる内容。

豆大福の分析を通じて、会計の限界や利益の考え方について学べる。特に会計の勉強をしている人ほど大きな気付きが得られる一冊!

なんと前回のイベントでは、この本がチャンプ本に選ばれました。バンザイ!

 

 

次回のテーマは「飲食店経営者にお勧めしたい本」で行います!

飲食店経営者の方、中小企業診断士の方、診断士試験受験生の方には特にオススメのイベントです。もちろん、それ以外の方の観戦や参加も大歓迎!

本を通じて経営を考える、ゆるくて真面目なイベントです。

ぜひ一度遊びに来てみてください!

 

イベント詳細、予約はこちらから

http://r.goope.jp/three-s/calendar/633812