横浜の中小企業診断士 鵜澤周矢ブログ

仕事や日々の出来事をつれづれと書いてます。

会社サイトを作ったのでブログもそちらに移転しました

来年度の補助金など、中小企業向け政策が公表されました(※12/17追記)

会社サイトを作ったのでブログもそちらに移転しました

平成25年度の補正予算案が公表されました!

下記は中小企業庁経済産業省のHPで公開されている資料へのリンクです。

※12/17「平成25年度補正予算のPR資料」を追記しました。

 

 ・中小企業・小規模事業者対策のポイント(PDFファイル)

f:id:smec_uzawa:20131213025808j:plain

 

 ・平成25年度経済産業省関連補正予算案の概要(PDFファイル)

f:id:smec_uzawa:20131213030245j:plain

 

平成25年度補正予算のPR資料(PDFファイル)

f:id:smec_uzawa:20131217132420j:plain

 

資料の内容に目を通してみると、今年注目されたものづくり補助金や創業補助金などは形態を若干変更しながら来年度も続投のようです。

特にものづくり補助金は商業・サービス分野が追加され、販売方法の導入まで補助対象に含めた制度に拡充されます。ずいぶんとターゲットを広げてきましたね。予算も前年度の1007億円から1400億円へと増額です。

一方、前年度は単独で200億円の予算が付いていた創業補助金ですが、今年度では小さな創業支援予算44億円の一環となっており、縮小傾向な印象です。補助金ブームに関しては、さすがに今年の傾向は引きずらなかったという事でしょうか。

これら補助金の手続きについては、申請書類を原則3枚以内とする簡素化も掲げられていますので、事業者にとって利用しやすい制度になってくれると良いですね。

今回の予算案がどういった形で運用されるのか、今後の同行も注意して見ていきたいと思います。

 

※以下12/17追記

今朝になってPR資料なるものが公表されていたことに気が付いたので、資料へのリンクを追記しました。 (13日にこの記事を書いた時点ではPR資料なんて無かったような・・・気のせい?)

こちらを見ると、各事業ごとの内容が具体的に書かれています。

ものづくり・商業・サービス革新事業では、補助金事業を4パターンに分けるようですね。はたして、使い勝手や運用はどのようなものになるのか・・・今後も要注目です。