横浜の中小企業診断士 鵜澤周矢ブログ

仕事や日々の出来事をつれづれと書いてます。

会社サイトを作ったのでブログもそちらに移転しました

新ものづくり補助金 1次公募3/14締切分の採択結果が公表

会社サイトを作ったのでブログもそちらに移転しました

新ものづくり補助金 3月14日に締切分の採択結果が公表されました。

中小企業庁HP 新ものづくり補助金1次公募1次締切 採択結果の公表

 

f:id:smec_uzawa:20140429004447j:plain

 

 

2月17日から3月14日までの公募期間で、全国の応募件数は7,396件。そのうち採択された件数は2,916件、割合にすると約4割(39.4%)の採択率でした。昨年同様、なかなかの狭き門となっています。

採択案件は計画名が公表されていますが、内容を見るに、ものづくり技術による申請が多数を占めており、革新的サービスによる申請は少ないように思えます。やはり課題設定や計画の立てやすさという点では、ものづくり企業の方が作り慣れているのかもしれないですね。

採択された方は、この後に交付申請の手続きが控えており、これが完了してから実際の事業開始となります。神奈川県の事業者の場合は、5月8日(木)に採択者向け説明会が開かれます。重要な手続きですので、忘れずに参加しましょう。

 

神奈川県中小企業団体中央会のHP

f:id:smec_uzawa:20140429015920j:plain

 

 

また、5月14日の1次公募2次締切での申請を目指す場合は、連休明けには締切が目前に迫ります。認定支援機関の確認や、提出直前の最終確認を考えると、この連休が申請書作りの最後の山場になりそうですね。

採択されるためにも事業計画の作りこみは重要ですが、自分のビジネスを見直すことは補助金を受ける以上の価値があります。補助金申請にチャレンジする方は、申請書作りを通じて、自社の戦略を再考してみましょう!

 

小規模事業者の方には、補助金申請サポート制度など計画づくりの支援施策も講じられています。こうした国の施策も積極的に活用したいですね。