横浜の中小企業診断士 鵜澤周矢ブログ

仕事や日々の出来事をつれづれと書いてます。

新ものづくり補助金 1次公募2次締切(5/14締切)分の採択結果が公表! 一方そのころもう一つの補助金は・・・

新ものづくり補助金 1次公募2次締切(5月14日締切)分の採択結果が公表されました。

 

中小企業庁HP 新ものづくり補助金1次公募2次締切 採択結果の公表 

f:id:smec_uzawa:20140627184039j:plain

 

 

1次公募2次締切分は3月15日から5月14日までの公募期間で、全国の採択件数/応募件数は6,697/15,019件でした。割合にすると約4割強(44.6%)ということで、先に行われた1次公募1次締切分の採択率(39.4%)よりも5ポイント高くなる結果に。

1次締切の採択件数は2,916件でしたので、2次締切での採択6,697件と合計すると、これで9,613件の事業者が採択されたことになります。

ちなみに昨年度ものづくり補助金の全国採択実績は

 ・1次募集1次締切742件

 ・1次募集2次締切4,162件

 ・2次募集5,612件

合計10,966件の採択ですので、既に昨年度の採択数に迫る勢いです。

この後行われるであろう2次公募の件数が加われば、昨年度の実績を大きく上回ることが予想できます。予算規模が拡大した結果が、採択実績にも顕著に表れそうです。

 

今回みごと採択された方は、この後の交付申請の手続きに進むことになります。採択は計画の内容が問われる審査手続きでしたが、交付申請は補助金の対象となる経費を決定する重要な手続きです。

補助金の財源は税金ですので、受け取るためのルールには厳格な要件が設けられています。せっかく採択された計画ですので、ルール違反で補助金受け取り不可とならないよう、今後の手続きをしっかり把握して補助事業に取り組みたいですね。

 

なお、神奈川県の事務局では7月17日(木)と7月29日(火)に採択者向け説明会が開かれます。

 

神奈川県中小企業団体中央会のHP

f:id:smec_uzawa:20140627191015j:plain

 

 

 

なお、この新ものづくり補助金のほか、以前にブログでも紹介した「取引環境改善型の新ものづくり補助金」も募集を継続しています。

こちらも2次締切分(3/14~5/16期間)の採択結果が6月13日に公表されましたが、新ものづくり補助金とほぼ同等の期間募集して、採択件数がわずか3件という結果。

f:id:smec_uzawa:20140627192112j:plain

 

補助額は最大で1000万円ですので、新ものづくり補助金の一般型と同じです。それにしても採択数があまりにも少ないですね・・・

こちらの補助金は現在も募集が続いており、予算に達するまで随時募集となっています。取引先の縮小で売上が下がる企業を対象にした補助金ですので、守りから攻めに転じたい企業にとっては活用できる制度です。

応募方法などは下記のリンク先で確認ください。

 

平成25年度補正予算中小企業・小規模事業者ものづくり・ 商業・サービス革新事業 (取引環境改善型需要開拓支援事業)のご案内

 

ちゃんと予算消化されるのか疑問ですが、ある意味早い者勝ちな補助金ですので、活用したい方は早めに取り組むことをお勧めします!